マイナポイント第2弾に早速申し込んでみた記録|第1弾とは別の決済サービスに変更|備忘録|追記あり

マイナポイント第2弾が2022年6月30日から始まりました。第1弾は申し込み済みで、すでに5,000ポイント分のマイナポイントを受け取り、すべて完了している者が、第2弾の「健康保険証としての利用申込み」「公金受取口座の登録」を早速実際に行なってみた記録です。


追記】JRE POINTからSuicaへのチャージ申請が一時停止していた件は、2022年7月6日のお知らせで「再開」したとのことですので、そのくだりは取り消し、情報を更新しました。

前提

 第1弾は完了しているため、当然、マイナンバーカードは手元にあり、マイナポイントアプリも使える状態で、その前提での流れになります。

キャッシュレス決済サービス事業者は変更できる

 マイナポイントを受け取るキャッシュレス決済サービスは、第1弾の時とは違うサービス事業者に変更できると知り、変更することにしました。第1弾は楽天カードでしたが、第2弾はSuica(JRE POINT)にします。

第2弾は独自上乗せがほぼ無い(盛り上がりにかける実情)

 理由は楽天カードは独自上乗せがないため。そもそも第2弾は第1弾に比べて盛り上がりに欠け、楽天カードに限らずほとんどのサービスは独自上乗せをしていません。Suica/JRE POINTも独自上乗せというほど魅力的ではないのですが、「毎月抽選で1,000名様に10,000ポイント当たる」という、一応、前向きなキャンペーンを行なっているので、明らかにやる気が失速した他サービスよりは少しマシかな、という判断です…。

第1弾の際は、各キャッシュレス事業者が独自に上乗せポイントを提供し、獲得競争が行われたが、第2弾の上乗せはほとんどない。

マイナポイント第2弾スタート 対応するキャッシュレス事業者、止める事業者|ITmedia ビジネスオンライン

マイナポイントアプリでの実作業

 第1弾の時と同様、スマホ(iPhone SE 2利用)のマイナポイントアプリを起動します。起動するとトップ画面にマイナポイント第2弾の情報が載っていましたので[申込む]をタップし、その後、マイナンバーカードをかざしてスキャンします。その際、必ず数字4桁の利用者証明用パスワード(暗証番号)は必要です。

 「このまま待つか、しばらく時間を開けてアクセスしてください」という、電話混雑時の自動応答のような画面が現れ驚きましたが、「このまま待つ場合 待ち時間 1分」と表示されているので、この程度ならと待ちました。「ただいまアクセスが集中しています」とのこと。

 しばらくすると「お待たせ致しました。まもなくウェブサイトへリダイレクトされます。」との文字に変わり、続いて無事にログインできました。

 「キャンペーンを選択してください(マイナポイント獲得を申込むキャンペーンをすべて選択してください。)」との画面。「健康保険証としての利用申込み」「公金受取口座の登録」(いずれも7,500ポイント)両方にチェックを入れます。

 第1弾で取得済みの「マイナンバーカードの新規取得(+最大5,000ポイント)」は対象外としてグレーアウトされ、選択できないようになっていました。

楽天カードからSuica x JRE POINTへ変更

 「この受取り方でよろしいですか(ポイントを受取る決済サービスと詳細が意図したものか確認してください)」として前回の「楽天カード」が表示されているため、[修正]の方をタップします。

 [Suica]と検索し、「Suica x JRE POINT」の手続きへ進みます。ポイント付与のタイミングは、「健康保険証としての利用申込み」及び「公金受取口座の登録」については下記のように表示されていました。

原則として、付与権利確定月の翌月中旬ごろ付与

 7月3日に手続きしたのでおそらく8月中旬ごろ確認できそうです。第1弾の「マイナンバーカードの新規取得」によるポイント付与と違い、チャージは付与要件ではなく、健康保険証の利用申込みと公金受取口座の登録がきちんと実施されれば、チャージ行為はなしで付与されるようです。

 「Suica x JRE POINT」のアカウント情報を入力します。必要なのは下記情報です。

  • JREPOINT交換番号
  • 生年月日
  • 電話番号(下4桁)

 「JRE POINT交換番号」とは「JRE POINT会員番号」とは別のものでJRE POINT WEBサイトにログインして確認しておく必要がありました。ログインするとPCのブラウザの場合、右上に表示されていました。

公金受取口座として銀行口座を登録

 Suica関係の工程は完了し、続いて[登録をはじめる]から公金受取口座の登録工程へ進みます。

 画面に従って、マイナポータルへログインします。

 途中、メールアドレスの指定については、「利用者登録情報を使用」ですでに登録されている通知先メールアドレスがそのまま指定できました。

 画面に従って銀行口座の情報を入力していき、最後に確認します。なお、登録できるのは「本人の口座のみ」とのことです。

 これで無事に口座情報の登録も完了しました。

 ただ、直後に「キャンペーン申込み状況」を見てもまだ「公金受取口座の登録」は[条件未達成]表示のままでした。「登録状況の反映には1日程かかる場合があります」と掲載されているので、明日以降、改めて確認してみようと思います。

【追記】JRE POINTからSuicaへのチャージ申請は再開

 JRE POINTからSuicaへのチャージ申請が一時停止していた件は、2022年7月6日のお知らせで「再開」したとのことですので、下記くだりは取り消し、情報を更新します…😊

誤算「Suicaへの新規ポイントチャージ停止」

 申し込んでから知ったのですが、なんと今現在、JR東日本/Suicaでは「JRE POINTからSuicaへのチャージ申請について、新規受付を一時的に停止」中とのこと。2022年06月28日と、マイナポイント第2弾開始直前の発表となっていました。

 「「身に覚えのない、JRE POINTからのSuicaチャージ申請を通知するメールが届いた」旨のご申告がJRE POINTコールセンターに複数寄せられ」ていることが原因だそうです。

 「受付再開時期については改めてJRE POINT WEBサイト内にてご案内します」と掲載されているので、まだ再開の具体的日程は立っていないようです。さすがに永遠に停止したり、もうやらない、JRE MALLで使って、なんてことはしないと信じたいと思います。万一そんなことが起きたら、ほぼ当たらなそうな1,000名様プレゼンントなんかに引きずられず、楽天カードのままにしておけば良かったと後悔してしまいます…😊


【関連情報】
▶️JRE POINT公式サイト>マイナポイントをJRE POINTで受け取ろう
▶️楽天カード>マイナポイント
【関連参考記事】
▶️「マイナポイント第2弾」素朴な疑問解決 最大2万円分もらうための知識

Share this...