楽天カードの2枚目作成キャンペーンの要点とメリット・デメリット書き出し|備忘録(追記あり)

楽天カードから「特別なご案内」と題された「2枚目の楽天カード作成キャンペーン」のハガキが郵送されてきました。2枚目にVisaブランドを選択し、来年1月末までにそのカードで1,000円以上利用すれば「6,000楽天ポイント」のプレゼントがもらえるそうです。

 その申し込み期限は今年12月末までなので、判断するために周辺情報を調べ、まとめてみました。


※後日、2枚目の楽天カードを実際に申し込み、届いた後、行うべき手続きと、自動登録されていた情報についてまとめた記事があります。そちらもぜひご参考にしてみてください!
▶︎ 2枚目の楽天カードが届いたら行うべき手続きと自動登録されていた情報

まずは大枠の情報

次に個人的にメモっておきたかった詳細

  • 2枚目も年会費永年無料が選べる。
  • 1枚目とは異なる銀行口座から引き落としできる。つまり1枚目と2枚目で別々の引き落とし口座を設定可能。
  • 利用限度額が増える訳ではない。
  • 楽天ポイントは、1枚目と同じ楽天ポイント口座に貯まる(合算)。
  • 「Edy機能付帯」は「希望しない」にしてもキャンペーン・ポイントには影響なし。「希望する」にし付帯させた場合、発行手数料として税込み330円がかかる。

残念に思った点

  • キャンペーンでもらえる楽天ポイントは「期間限定ポイント」
  • (従来の家族カードとは違い)利用明細は別のものになる。
  • 楽天e-NAVIへの登録は自動ではないので、自分で「カードの追加登録」から登録をしなければならない。

 ほかに、カードブランドを複数持てるメリットも見かけますが、現在はMasterとVisa、どちらかしか使えないというシチュエーションには出くわさないため、今一つ、実感が持てません。

 作成や管理の煩雑さと、キャンペーンのポイント欲しさを天秤に掛けて考えたいと思います。2枚目はないと困るようなものではないですし、放置して紛失しかかどうかすら分からないようになるのも心配です。でもやはり期間限定とはいえ、まとまってもらえるポイントは気になるのが本当のところですね…😊

次ページに申込後の情報に関する追記あり

Share this...