Adobe Illustratorのデザイン作業、WindowsからMacへ移行した記録|備忘録

MacBook、以前は実質、音楽制作専用機でしたが、Apple M1 MacBook Airにしてから動作速度が快適過ぎて、WindowsからMacへどんどん担当領域がシフトし増加、残すはAdobe Illustrator(アドビ イラストレーター)によるDTP、つまり印刷用のデザイン作業だけとなっていました。

 今回、ついにIllustratorのデザイン作業もM1 MacBookへ移行したので、その際の要点を記録として残しておきます。


前提条件|Adobe Creative Cloud

 前提条件として、すでにMacBookに、Adobe Creative Cloud、さらにはIllustratorはインストールされており、問題なく作動している状態となります。


Windowsのaiファイルを開いてみる

 まずは試しにWindowsで制作していた時のaiファイルを開いてみます。

ドキュメントには、ご使用のコンピューターにないフォントが使用されています。

 予想通り、[環境にないフォント]アラートが現れ、それらのフォントがリスト表示されます。


不足の[環境にないフォント]をMacにインストール

 [閉じる]でアラートのダイアログは一旦閉じ、不足しているフォントをMacにインストールしていきます。Illustratorの[書式]メニュー>[フォントの検索と置換]>[リストの保存]を行うと、「このドキュメントに使用されているフォント」がシンプルなテキストファイルとして保存できるため、それを参考にインストールしていきました。

 小塚ゴシックなどはAdobe Fontsでアクティベートすることにより、使えるようにします。その他はほとんどフリーフォントのため、各配布サイトからMacに直接ダウンロードし、インストールしました。


同じ小塚ゴシックでもバージョンに違いあり

 フォントのインストールが終わり、再びaiファイルを開くと、不足フォントの指摘数は激減しましたが、完全には解消されず[環境にないフォント]は残っています。そのいずれもがAdobe Fontsでインストール(アクティベート)したはずの小塚ゴシックです。なぜ…。

 理由は、同じ小塚ゴシックとはいえ、Windows版のaiファイルにある小塚ゴシックは微妙にバージョンが古いようです。[環境にないフォント]として残ってしまったのは下記の4種類のフォント。

  • KozGoStd Regular-90ms-RKSJ-H
  • KozGoStd Medium-90ms-RKSJ-H
  • KozGoStd Bold-90ms-RKSJ-H
  • KozGoStd Heavy-90ms-RKSJ-H

フォントの検索と置換

 検討の結果、現在の小塚ゴシックに置き換えることにします。

 [書式]メニュー>[フォントの検索と置換]を開き、[置換するフォント]欄で[システム]を選択、上部の[ドキュメントフォント]から下部の[システムのフォント]に置換する形で選択状態にし、[すべてを置換]ボタンで確定します。

 下記の通り、単純にフォントの太さごとに紐付けて置換しました。

  • KozGoStd Regular-90ms-RKSJ-H ⇨ 小塚ゴシック Pro R
  • KozGoStd Medium-90ms-RKSJ-H ⇨ 小塚ゴシック Pro M
  • KozGoStd Bold-90ms-RKSJ-H ⇨ 小塚ゴシック Pro B
  • KozGoStd Heavy-90ms-RKSJ-H ⇨ 小塚ゴシック Pro H

フォント問題はクリア|編集作業へ

 これでフォント問題はクリア。今回は、新規デザインではなく、一部を修正・更新する改版のため、該当部分をいじっていきます。

 最初にテキストを編集する際、下記アラートが現れましたが、[OK]を選択して進みました。

このテキストは、別のバージョンのIllustratorで作成されました。テキストを編集すると、一部のテキストレイアウトが変更される可能性があります。基本書式には影響しません。続行しますか?


まとめ

 最終的には、ほんの一部で僅かにレイアウト崩れがありました。これがIllustratorのバージョン違いに起因するものか、小塚ゴシックのバージョン違いに起因するものかは判然とはしません。

 いずれにせよ、フォントさえ準備できれば、思いのほかOSの違いは感じさせないなと思う反面、やはり、完全一致とは思い込まず、細かい部分までチェックし、微調整する覚悟は必要だなとも思いました。

 ここにあげた以外の操作や、最終的に印刷所へ入稿するための印刷用PDFの設定・書き出しなどは、さすがにAdobeの同じアプリケーションなだけあって、Windows時代とMacでは差異による戸惑いなく、作業は行えました。

 同じような移行をされる際のご参考になると幸いです…😊



Share this...