日本年金機構の年金事務所から届いた「厚生年金保険・健康保険の加入状況にかかる調査票」への回答事例|個人的備忘録

以前の記事で投稿した通り、レストインレコーズ(株)は一人会社で1期目は役員報酬0円にしたので「社会保険の加入対象外」との回答を日本年金機構の立川年金事務所から得ています。しかし、その際にも「未加入に関する郵便が届く可能性がある」との言及があった通り、「日本年金機構 立川年金事務所長」名義で「厚生年金保険・健康保険の加入状況の調査について(お願い)」という郵便物が届きました。

 中身を確認すると、「厚生年金保険・健康保険の加入状況にかかる調査票」というA4ペラの用紙に回答を記入し、同封の返信用封筒で返送する必要があります。約2週間後の期限も明記されていたので、早速対応することにします。

 同封の説明書類の一節に下記のようなくだりを見つけました。

※社会保険の加入対象外である場合は、証拠書類の提出をお願いしております。
 例:報酬が0であり被保険者となる役員・従業員がいない。
  1.報酬(一般管理費)の記載のない決算書のコピー
  2.役員報酬を0と決定した議事録のコピー
  3.申立書等(上記1・2で確認できない場合、ご提出いただいた場合でも上記書類を求めることがございます。)

 まさにこれに該当するケースです。 「厚生年金保険・健康保険の加入状況にかかる調査票」 は下記のように記入しました。

 裏面に記入例が掲載されています。「5 厚生年金保険・健康保険に加入していない理由を教えてください。」については「オ」に○をし「上記ア~エ以外の理由」として「報酬が0であり被保険者となる役員・従業員がいない。」と記入しました。

 証拠書類については、1期目なので「1.報酬(一般管理費)の記載ない決算書のコピー」は当然存在しません。「2.役員報酬を0と決定した議事録のコピー」(臨時株主総会議事録のコピー)を同封することにしました。

 さらに経緯を文書化し、一応、題名を「申立書」とした連絡文書も同封してみました…😊