メルカリで「ゆうゆうメルカリ便」を発送する際のレアな事例|郵便局で手続き後、一度キャンセルし、後ほど別の郵便局で再度発送手続きした備忘録

メルカリで「ゆうゆうメルカリ便」を発送する際のレアなケースをメモ。

郵便局で手続きを終えた帰り道、中身を間違えたことに気付く。
急いで戻り、控えの紙を見せてキャンセル処理してもらい、荷物を回収。
郵便局の窓口の方と「まだ発送完了の処理はしていないですよね?」「はい」「今貼ってある発送伝票は破棄して下さい」とのやりとり。

まだアプリで発送完了ボタンを押していなかったのが不幸中の幸いだった。
しかし、その郵便局は直後に営業時間終了。中身を変更後、再び出荷に行くにはコンビニ(ローソン)の方が都合が良かったため、発送方法を変更しようと、試しに発送方法の変更ボタンを押しても「この荷物は発送手続き済みなので発送完了ボタンを押すように」との主旨のアラートが表示されるばかり。
もしかして再度発送するには、メルカリ事務局とのやりとりなどが必要なのだろうか、面倒だなぁ、との思いを抱きつつ、とにかく家に帰り、中身を入れ替える。

少なくとも再度の発送手続きはコンビニではなく郵便局にするしかないため、遅くまで開いている本局の郵便局へ向かう。

さて、その顛末。

メルカリアプリのバーコードを恐るおそる郵便局の機械でスキャンすると、エラーなどなく、いつも通りシール状の発送伝票が出てきた。
それを窓口に持っていくと、これまた特別なことはなく、いつも通りの処理。
その後、発送完了ボタンや追跡情報も問題なし。

つまり発送完了ボタンさえ押していなければ、万一、一時的にキャンセルし回収しても、事務局と特別なやりとりをすることなく、発送伝票は再発行されることが分かった。

まぁ、こんなこと、起きてほしくない面倒な事例ですが、何かの際のご参考になると幸いです😊