『野鳥動画図鑑』YouTube公開済み野鳥「400種」達成記念「TOP50種100秒ムービー」発表!動画と鳴き声で愉しむ日本の野鳥図鑑は「850本」を超える映像が引き続き見放題です⌒(‘Θ’)⌒

YouTube図鑑プロジェクト『野鳥動画図鑑 – Wild Bird Japan』の野鳥が「400種類」到達。これを記念して「再生回数TOP50種100秒動画&鳴き声」を公開しましたのでお知らせします⌒(‘Θ’)⌒

日本百鳴鳥』などで知られる野鳥カメラマン・佐藤進さんが長年にわたって撮り続ける「日本の野鳥」の動画や鳴き声をYouTubeで公開し、デジタルアーカイブとしてまとめていくYouTube図鑑プロジェクト『野鳥動画図鑑

2015年12月21日の最初の投稿「ルリビタキ」からはじまり、2016年7月にはYouTubeで公開した野鳥動画が「100種類」に到達2017年2月には「200種類」2017年12月には「300種類」に到達しました。
そしてこのたびモモイロペリカンの公開でその数が「400種類」に達しました。

それを記念して『再生回数TOP50種100秒動画&鳴き声』を公開!

YouTubeの再生回数が多い順、上位から50種を選考し、100秒間で一気に映像と鳴き声が視聴できてしまう動画です。「野鳥名なし「全部わかるかな」バージョン」のほかに、左上に野鳥名テロップを表示した「野鳥名あり「答え合わせ」バージョン」がありますので、文字通り“答え合わせ”にご利用下さい🦉


野鳥100秒ムービーの主な編集方針は下記のようになっています。ご参考まで。

  • 1種類で複数の動画が上位にある場合、すでにランクインしているということで、再生回数の合計まではしていませんので、仮に合計した場合は、ランキングが少し変動するかと思います(一番再生回数の多い動画がその野鳥の順位を決めている状態です…)。
  • 「さえずり」がある場合は原則「地鳴き」よりも「さえずり」を優先採用。
  • 1種2秒を基本にしており、鳴き声が長い場合、原則「後ろ合わせ」で編集。但し、鳴き出しに特徴がある場合は、「前合わせ」にしている場合があります。なお、速度変更などの加工は行なっていません。
  • 「リップシンク」(映像撮影時に鳴いている姿が同時収録できた貴重なシーン)があるものはなるべくそれを採用。但し、映像と音のクオリティのバランスを考え、種類によっては「アフレコしたシーン」(別録りされた音を当てたもの)を採用したケースもあります。
  • 例えば「アオバト」の低音域の鳴き声などは、再生環境によっては聴こえづらい場合があります。

次に、現時点での野鳥動画図鑑の概要です。

『野鳥動画図鑑』へのレビュー/反応などはこちらのNAVERまとめに継続的にまとめています。

ある意味、世界一地味な真面目なYouTuber(ユーチューバー)、YouTubeチャンネルとして、相変わらず佐藤さんと私の二人三脚、手弁当で制作していますので、引き続き、「YouTubeチャンネルへの登録」「Facebookページへのいいね」「シェア/リツイート/口コミ」など、ご支援ご愛顧のほど、よろしくお願い致します⌒(‘Θ’)⌒

『野鳥動画図鑑』ロゴ

『野鳥動画図鑑』ロゴ