Word Balloon(吹き出しプラグイン)で作成した投稿は、将来的にプラグインを削除(アンインストール)した場合、どのように表示されるのか?(個人的備忘録)

Yuji Kudo
Yuji Kudo
Wordpress(ワードプレス)における吹き出し形式の投稿は、CSSのみ実現するように以前、実装済みなのですが、最近「Word Balloon」というプラグインを知り、便利そうなのでインストールしてみました。
使い勝手はどうなの?
Yuji Kudo
Yuji Kudo
とってもいいですね。
何と言っても吹き出しのデザインを自在に変えられるのが素晴らしい。
自前のCSS方式よりもバリエーション豊かな表現ができるし、楽しみながら記事が作成できる感じがします。
(この吹き出しは「手書き風」というもの)
良いこと尽くめだね!
Yuji Kudo
Yuji Kudo
ただ、Wordpressのプラグインで怖いのは開発の終了や有料化にまつわる機能の制約などです。
そうした事情によって万一、プラグインを削除(アンインストール)することになった場合、その恩恵を受けてきた部分が、削除後、どのような影響を受けるかが非常に気になります。
「Word Balloon」は削除したらどうなるんだろう?
Yuji Kudo
Yuji Kudo
検索してもハッキリした答えが見つからなかったので、まだインストールしたばかりのこのタイミングで、実際に実験してみることにしました。

ここで、上記までの内容を残したまま、実際に「Word Balloon」プラグインを削除してみました。
Yuji Kudo
Yuji Kudo

Yuji Kudo
Yuji Kudo
プラグインを削除した後の表示は次のような状態になりました。

Yuji Kudo
Yuji Kudo
「Word Balloon」独自のショートコードがそのまま丸見えになる状態です。
ちょうどClassic Editor(クラシックエディター)で入力した際の管理画面上の見た目と同じような感じで表示されます。
さすがにこのままだと厳しいですね…。
Yuji Kudo
Yuji Kudo
そうなんです。どうしてもプラグインの恩恵を受ける限りは、その反動として、万一削除した場合、こうしたことが生じることも織り込んでおく必要があります。
もし、長期的な運用、掲載を想定したサイトの場合、一応、念頭に置いておいた方が良いかと思います。
実際にこうした状態になってしまった場合、何か対応策はあるの?
Yuji Kudo
Yuji Kudo
「functions.php」にショートコードを無効にするコードを追記する方法や、ショートコードを削除するプラグインを使う方法などがあります。
もしプラグインを削除する場合はそうした後処理も忘れないようにしたいですね。