Windows用:右クリックでPNGをJPEGに!SendTo-Convert

画像のファイル形式、個人的にはPNGが好きなのですが、いざアップロードしようとすると、「JPEGのみです」とPNGには対応していない場合が未だにあります。

Windowsでの話ですが、以前から右クリックですぐにPNGからJPEGに変換できたら便利だな、と思っていて、試しに検索してみたところ、ありました!「SendTo-Convert」というソフト。フリーウェアです。

32bit版のみならず、64bit版も存在するのが嬉しいところ。
早速インストール。

個人的にはファイルサイズより画質を優先したいケースが多いため、設定画面を開き、「JPEGオプション」で画質を「100」に、サンプル比を「1:1」に変更しました。

なお、右クリックで操作できるよう、「「送る」メニューに登録」の設定も忘れずに。

あとは変換したい画像を右クリックし、「送る」の中にある「SendTo-Convert」を選択すれば使用できます。

なお、「JPEG」の横に「JPEG変換」という選択肢もありますが、JPEGファイルをJPEGファイルに変換する場合を指しているようで、オンラインヘルプによると「Exif情報やコメントなどを削除し、画質を劣化させずに保存」できる機能だそうです。これも便利そう(^_^)

それからもう一つ、設定時に、普段馴染みのない項目としてはJPEGオプションの「サンプル比」です。
簡単に捉えるなら、画質優先なら「1:1」、ファイルサイズを小さくしたいなら「4:1」、ということになります。

JPEGのサンプル比については、このページの説明「サンプリング比って何?」が分かりやすいかもしれません。

個人的にはとても活躍してくれそうなWindows用ソフトウェアです(´-`)