法人向けクレジットカード「ミライノ カード Business ライト」を申し込んでみた記録|会社設立連載 第2章(個人的備忘録)

住信SBIネット銀行のキャッシュカードデビットカード機能が付属しているのでデビットで頑張ってみるか、とも思ったのですが、レンタルサーバーなど月払いのサービスでは一部利用できないケースがあるようで、また、住信SBIネット銀行のクレジットカード「ミライノ カード Business ライト」は、GOLDでなければ「(ずっと)年会費無料」とのことで、ひとまずこの「ミライノ カード Business ライト」を申し込んでみることにしました。

Q&A「【ミライノ カードBusiness】、【ミライノカード Business ライト】への申込時に書類などの提出は必要ですか」によると、「ライト」については、「代表者・事業主様の本人確認資料」のみで良いようです(ライトじゃない方の場合、登記事項証明書も必要)。

住信SBIネット銀行に個人と法人、両方の口座がある場合、当然ながら、間違えて個人でログインして申し込まないように、との注意書きもあります。一応、慎重に手続きを開始します。

申込は「ライフカード株式会社のWEBサイトでのお申込みとなります」とのこと。


カードお申込フォーム入力・送信

まずは申込フォームを埋めていきます。
クレジットカードの申し込みでは当たり前のことかもしれませんが、クレカの新規申し込みはかなり久しぶりだったため、何となく印象に残り、メモっておきたいと思った項目は次の通りです。

  • 1か月あたりのご利用予定金額を入力しなければならない。なかなか読めないところ…。
  • 現居住地の居住年数を〇年〇か月まで書かなければならず調べるのが面倒だった。
  • 「ご経営法人」の「業種(詳細)」は入力できる文字数が少ないので簡潔に書かなければならない。
  • 勤続年数」は当然申し込むこの法人の年数なので正直に「0年1月」にした(通らないとしたらここかなと思った…)。
  • 規模」も正直に「単独(個人)」とした。
  • キャッシングサービスの「キャッシングご利用希望額」は「0万円」とゼロにしてみた。
  • 運転免許証の運転免許証番号を入力しなければならない。
  • 「お取引の目的」欄は「カードショッピング:事業費決済」「カードキャッシング:生計費融資」に。
  • ライフETCカード」は「年会費無料」とのことなのでチェックを付け、申し込んだ。
  • 「従業員カード」は無し。

インターネット口座振替登録~手続き完了

フォームを送信した後は、「インターネット口座振替登録」(オンライン手続き)へ進みます。
引落し口座として指定できるのは住信SBIネット銀行のみです。
規約類に同意すると住信SBIネット銀行のサイトへ遷移し、ユーザーネーム、WEBログインパスワード、WEB取引パスワードの入力を行います。
これが無事に済むと、手続きは完了し、審査期間に入ります。
メールや、そこに記載された簡易的なサイトで、進捗状況が確認できます。


電話の着信~入会審査完了

「所定の審査のうえ、お申込確認のお電話をいたします」と書いてあった通り、翌日、電話がかかってきたのですが、出るのが遅く、すでに切れてしまっていました。不在着信を見ると、こうしたサービスでは珍しく非通知で、番号が不明なため、折り返すことは出来ませんでした。非通知なのでこれがカード会社なのか100%の確証はありませんが、他に該当する着信はなかったため、多分、間違いないと考えています。

ところが、その電話は朝の9時半頃ですが、夕方、「カード入会審査完了のご連絡」というメールが届き、そのまま入会審査完了となりました。
また電話がかかってくるものと思っていたので、ちょっと不思議でしたが、結果的には煩雑な工程がなく良かったです😊


本人限定受取郵便物でカード到着

オンラインで申し込んだ日から5日後自宅の方が郵便受けに「本人限定受取郵便物到着のお知らせ|転送不要」という封書が届いていました。
中の文書を読むと「特定事項伝達型」という種類だそうです。

指定の郵便局まで取りに行かなければならないのかなと思いましたが、ネットから配達を依頼できるとのことで、早速申し込みました。
そして翌日到着。郵便局の配達員に免許証を見せ、確認後、認印を押します。

なお、オンラインで申し込んだ場合、「LIFE-Web Desk」の登録と「ご利用代金E-mail送付サービス」は自動適用されるそうです。

また、ETCカードは、メインのカードの受取確認ができてから発送するそうなので、別便・後送となります。