【アルミ缶風車(空き缶風車)の音】大沢の里(三鷹市)で録音/撮影《フィールドレコーディング》

カラカラと涼しげな音を鳴らす「アルミ缶風車」(空き缶風車)の音をフィールドレコーディングによって独自に録音した自然音/環境音です。「ふうしゃ」ではなく「かざぐるま」と読みます。
東京郊外、野川のほとりにある大沢の里(三鷹市)で撮影/録音しました。バイノーラル(立体音響)処理を用いることでASMRなサウンドスケープとなっています。
風の生み出す音が心地よく響きます。

アルミ缶を切ったり曲げたり加工することによって作れる「風ぐるま」です。羽根の面積は広く、一方で素材としては軽いので、少しの風でも良く回るという特長があります。
新緑が映える里山風景の中、端午の節句のこいのぼりと一緒に沢山の数が飾られていました。

丁寧に編集/ミックス/マスタリングして仕上げた高音質なサウンドです。リラクゼーションや睡眠/快眠、作業用BGMなどとしてお楽しみいただけたら幸いです♪

【制作余話】
風が強いと風音がノイズになり、逆に風が弱いとかざぐるまとして回らない、という矛盾の中、何とか録音できました😊


撮影時期:2021年4月下旬



Field Recording Lab(フィールドレコーディングラボ)