【日記】リハスタで娘とドラムを叩く土曜日。


ドラムもやってみたいという娘を連れてリハスタへ。2人なので個人練習料金!
スティックの貸出は無いというが、何十年前かに買ったPEARLのスティックが未だにあったので役立った。
基本中の基本しか教えられないけど、全くゼロのたどたどしいところから、一応、8ビートの様相が見え始めた…。

折角なのでギターも持参し、残りの15分位は弾き語り。こちらはさすがになかなかのもの。
上手く手足が動かず、途中でギターに乗り換えるかと思ったら案外、ドラムへの集中力が続いた。丸1時間、思った以上に楽しめたみたい。
ドラマーを目指す訳じゃなくても、GarageBand等のドラムを扱うとき、自分で生ドラムを叩いたことがあるかどうかは結構プラスになると思う。

ロビーでは、一人でドラムの練習に来たお姉さんや、制服姿の軽音部っぽい高校生男女グループもいて、ちょっと刺激になっただろうか。
初っ端はカラオケボックスみたいと言っていたが、何というか、何か生まれそうな、クリエイティブな空気みたいな部分が異なるかな…。

僕自身、10代の頃、2年間ほど、このようなリハスタでバイトをしていた時代があり、バンドとしても使っていたので、とても馴染み深い空間。まさか娘と二人で使う日が来るとは夢にも思っていなかったが…😊